Present

  • 来場プレゼント引換券をもって、イベントに来場してくださった方へもれなくラッセンオリジナルポスターをプレゼント!
    ※写真はイメージです
    詳しくはこちら

Event Schedule

2017/4
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

…ラッセン来場日 ■…展示会(開催初日)

クリスチャン・ラッセン マリンアートが描く未来の夢

海の風景や、イルカ、クジラなどの海洋動物を描く、ハワイ在住でマリンアートの人気アーティスト、クリスチャン・ラッセン。海と家族を愛し、ハワイの大自然を描くことで自然と人間と動物たちの調和をメッセージするクリスチャン・ラッセン。マリンアートというジャンルを確立した、人気の高いアーティストです。海への畏敬の念や、海洋動物たちの愛情を描くラッセンの作品は、見て楽しむアート作品というのみならず、自然環境保護や地球温暖化防止の視点からもあらためて注目されています。
1989年の本格的な日本デビュー以来、20年以上にわたりマリンアートの第一線で活動し、展示会を開催してきたクリスチャン・ラッセン。その魅力は、彼の描く作品が、自然環境の大切さやエコロジーを感じさせる力強い海の風景画をはじめ、イルカやクジラなどの海洋動物からトラやライオンなどの陸上の動物まで、この地球がある限り永遠に続く、“自然と人間と動物の調和”の理想の姿を描き出していることです。ラッセンが描くマリンアートの世界、それはマリンアートが21世紀に生きる私たちにとって、なにかできることを探すこと、未来の夢を描くことそのものなのです。 最新作 Believe the Dream ビリーブ ザ ドリーム 最新作 Believe the Dream ビリーブ ザ ドリーム

マリンアートの楽しさ、美しさに触れる 「クリスチャン・ラッセン来日展」

クリスチャン・ラッセンは日本への来日も多く、展示会を通して日本のファンも大変多いアーティストです。一年に数回開催される「クリスチャン・ラッセン来日展」は、ラッセンの作品に触れ、ラッセン本人に会える貴重な体験となるでしょう。来日展ごとに最新作品を会場で発表する彼独自のイベントスタイルは、来場してくれた方への感謝の気持ちと、この展示会で思う存分に作品を楽しんでほしいというラッセンの願いでもあるのです。来日記念最新作の発表や、限定の写真撮影会などを行ないファンとの交流を深めてくれる「クリスチャン・ラッセン来日展」にあなたもぜひご来場ください。 ラッセン来場展イベントイメージ ラッセン来場展イベントイメージ

最新作発表や写真撮影の他にも、来日展では本人によるライブペイントや会場でしか聞けない最新作品のテーマ解説なども行っております。

クリスチャン・ラッセンが語る アートができること

Work is my Life. Art is my Life.

私は自分の仕事=創作を心から楽しんでいます。絵を描くという自分にとって最も楽しく最も大切なことが仕事として成立していること。仕事がこのうえない楽しみであり、それが自分にとっての人生そのものであるという幸運にとても感謝しています。そして、それにもまして喜ばしいのは作品を心から楽しんでくれる多くの人々が存在することです。心から楽しみながら絵を描く幸せ。私はこのふたつの幸せを忘れたことがありません。

会場にご来場いただいた方限定の、オリジナル特典プレゼント

展示会ではインターネットを見てご来場のお客様に特典プレゼントをお渡ししています。会場受付にページをプリントして渡すだけで、クリスチャン・ラッセンオリジナルポスターなどの会場限定の特典プレゼントがもらえるので、ぜひページをプリントしてお持ち下さい。

画集 LASSEN
クリスチャン・ラッセンの膨大な作品のなかから、すべての版画作品を掲載しました。
クリスチャン・リース・ラッセン iPhoneアプリ第2弾!! Hidden Treasures
CHRISTIAN RIESE LASSEN iPhone キセカエ.comにて、きせかえ配信中!!※iPhoneからアクセスして下さい
クリスチャン・リース・ラッセン Android 携帯用きせかえアプリ
CHRISTIAN RIESE LASSEN Android キセカエ.comにて、きせかえ配信中!!※Android携帯からアクセスして下さい
待受・きせかえ 待受アートパラダイス
待受・きせかえアートパラダイス あなたのケータイが美術館になる…フューチャーフォン&スマートフォンに対応!
Christian Riese Lassen
Ecology Lassen
海の生命を守るために今、自分ができることをしたい。
私が【シービジョン財団】を設立したのは、純粋に海に生きる生命を守るためです。
私に多くを与えてくれる海に恩返しをするためです。続きを読む